ウエア・ギア

finetrack フラッドラッシュ スキンメッシュ

更新日:


寒くなってきこともあって、これからの時期、登山には何を着ていいの?と悩み始めました。
僕は、困ったときには好日山荘に聞きます。

そして今日学んできたことをまとめておきます。

①夏は何もしなくても暑いけど、冬はすぐに寒くなる。
②歩き始めや、稜線を歩いているときは寒いし、登ってる最中は暑い。
③基本的には、レイヤリングしておいて、脱ぎ着すればいい。
④インナーが汗で濡れると辛い。臭い。冷える。と三重苦。
⑤アウターはその辺にかかってる高いの買っておけば死なない。町中にいるときと発送は同じ。
⑥手袋、帽子はマスト。(雪山ならサングラスも)

②はこないだ大室山から加入道山への稜線で、風が強くて寒かったのを思い出します。
今一番注目すべきは④。

カラダが汗で濡れた状態が継続することで、体温を必要以上に奪われ、体力が低下してしまうそうです。
ただでさえ低い体温がドンと減ったら、帰ってくる自信もなくなります。
一番大切なのは、カラダが濡れたままでいないこと。そのために、肌から水分を離す作用のあるインナーがベストなんですね。

こういう効果のあるウエアは各メーカーでいろいろ出ていますが、今回チョイスしたのはこちら。

体にぴったり張り付くメッシュスキンで、肌から汗を離して、上にきた速乾ウエアに吸わせて乾かす。
なんかもう、こういうメカニカルな効用を聞くと心が踊ります。
着た感じがスキンズ初めて着たのと同じように変にテンション上がる感じ。マニアにしかわからないこの感じw

おねだんも割と手頃なので、即買いたしました。
注意点としては、必ず上にもう一枚速乾性のあるウエアが必要なこと。これは春先にセールで買ったマムートの長袖があるので、万全です。
長袖のスキンメッシュ着て、上に半袖Tシャツを重ね着とか、全然ダメですからね。
効果でないばかりか、スキンメッシュはデリケートなので、破けちゃう可能性もあるので、本当にご注意あれ。

着て山行けるの楽しみなんだけど、来週はサバゲーの予定。
サバゲーでスキンメッシュデビューかも。
着用レビューは待て次週。

-ウエア・ギア

Copyright© yamaboys , 2022 All Rights Reserved.